18周年に向けての準備、ありがとう

2016年晩秋からはじめた準備も、いよいよ佳境にはいりました。

3人がかりで3時間かけて、文集の印刷が終わりました。ひっきー、くま、ありがとう
記念タペストリー仕上がりました。これはラボくまざわパーティ保護者全員(本当に全員)参加でした。ありがとう
みんなでいただくディナーメニュー決まりました。3兄弟の母ちほさんひっきー母文子さんありがとう
買い出しも終わりました。これもちほさんありがとう

ほかにもたくさんあります。数えきれないくらいです。

記念パーティTシャツ

これはふうぽん(大4)が担当してくれました。
3月末の合宿にぎりぎり間に合わせて、お揃いで着ることができました。
パーティTシャツを担当してもらうのは2回目です。
一回目は熊とカッパの掛け合わせの「くまっぱ」柄で、サーモンピンク。「ヘルガの持参金」を発表したときに作りましたね。
今回は「熊澤パーティ」の熊を全面に出して色は黒になりました。
中高大生のグループで意見をひろって決まったものです。

 

18周年記念文集

 
担当はひっきー(大3)でした。
表紙デザインをあげてくれたのは1ヶ月前、そこからはランキングページや個人のページをわりふって、とんとん拍子にすすんできました。
そして4月に入っていよいよ印刷、でもなんとその日は雨!
もはや日程的にうしろずらしはできず、決行あるのみでした。

途中からはサンダルをぬいでがんがん印刷してくれたりもしたけど、結局3時間かかってしまった!
初めてのこととはいえびっくりですが、途中でやめるわけにもいかず、仕上がりまで3人でがんばりました。
せめて帰り車で送れてよかったです。 ありがとうね。

タペストリー

 
3兄弟のラボママのお誘いで自由が丘へラボママたちとテューターで出かけたときの相談を下敷きに、
文子さんのデザイン、材料買い出しへという流れではじまったタペストリー。

パーティの送り迎えのときに型紙やフェルトをカットしてもらったりもしました。
(ラボっ子たちがわらわらしていたので写真もありませんけど 保護者のみなさんありがとう)

Rがひとつ足りないのに気が付いてくれたのはるいくんのパパでした。 助かりました。


途中バランスに頭をなやませたりも。。。

  
グルーガンを買ってきたら、「えー! 100均で売ってるのでいいのに なんてもったいないことを~!」と嘆かれたり、
作業のあと持ち寄った夕食をいっしょにいただいたり、楽しかった!

高学年になるとだんだん保護者とゆっくり話すことが減ってくるから、これがとっても貴重な時間になりました。
学童のことや 中学校のこと、高校、大学のこと、それぞれの仕事のことや老後プラン(!)まで、あれもこれも話しました。

ディナーメニュー

「こどもはデザートがあるとよろこびますよ。見た目も華やかだから、いくつか用意したらいいと思います」
「くまざわパーティは男子が多いから、メインはお肉にしたら」

てきぱきと決めてくれたちほさんがいなかったら お夕食はウインナーとゆで卵とミニトマトになっていたかも。。。

お料理の工夫も教わって、私のサラダはこのときから確実にランクアップしましたよ、これ本当。
具体的には 材料にベビーリーフなんかが加わり、トッピングもするようになって、色どりもよくおしゃれに、栄養も豊富になりました。

買い出し(私も同行し、運搬係としてがんばりましたが)
下ごしらえ(これも本当に学ぶところが多かったです。下味をつけて、もみ込んで、空気をぬいて、中身のつまったジップロックがつぎつぎと冷蔵庫へ、冷凍庫へ納まっていきました)も、ちほさんといっしょに終えました。

あとは本番を待つばかりです。