私が普通会員として、またボランティア・リーダーとして活動している
公益財団法人ラボ国際交流センター(東京・新宿区)が
「平成29年度外務大臣表彰」を受賞しました。

外務省ウエブサイト「外務大臣表彰者(団体)」に名前があります、ご覧ください。

今回、「日本と中華人民共和国との相互理解の促進」という功績を認められての受賞です。
こんなふうに公に認められるのはとてもうれしいことです。

私がラボの中国交流に参加したのは 2009年のことだったので、ずいぶん昔になりました。
ラボっ子たちといっしょになって
学校の授業に参加したり(大人なので全部ではありませんが)行事に加わったり、
学校の先生たちとの懇談の時間など、旅行では体験できないことをたくさん体験しました。

そのあと中国へは2回旅行していますが、それもこのときの体験が大きく影響しているとおもいます。
このときの交流が 私にとっての中国の原点になっています。

ぐいぐい変わっていく国の姿を、多感な時代のラボっ子にも 見てほしいとおもいます。
中国の学校と家庭を見てほしいとおもいます。

ラボ中国交流の案内はこちら