“Off with her head!  この娘の首を切れ!” というハートの女王の命令に

“Now, now, dear, she`s still just a child.  まあまあ、奥や、まだほんのこどもではないか” となだめるハートの王。 女王は文句を言いながらも王の意見に従います。どこの家庭でもわりとよくある光景ですよね。

1月末、小学生クラスで「どっちがえらいのか?」が問題になりました。だいたいふたつに分かれて 意見を変える子どもは出てきません。

秀秀(小3)が言いました。「王さまのほうがエライよ!! だって13じゃん!」

Queenは12  Kingは13 だから、13の方が大きくて強い! 言いきったことばに 小学生たちは笑いながらクローケーのシーンへうつっていきました。

ひねりの効いたこんなことばは ライブラリーCDを聞いているからこそ出てくるもの。簡単そうだけど、耳になじんだストーリーだから ぽーんと出てくるものです。お母さんが朝食のときにCDをかけてくれているとのことです。(ライブラリーはどれもだいたい30分)

「ふしぎのくにのアリス」とりくみはまだはじまったばかり、いろんな声をひろって、次のとりくみへ生かし、ご家庭へもお伝えしていきたいとおもっています。