「はらぺこあおむし」

エリック・カール展覧会 ブリューゲル「バベルの塔」展 がきています

ラボライブラリーシリーズのなかでは、特に小さい幼児さん未就園児さんにおなじみの「はらぺこあおむし」!
作者であるエリック・カール展覧会が世田谷美術館で7月2日まで開催されています。

「はらぺこあおむし」はごぞんじ フルーツやお菓子などたくさんのたべものをぱくぱくと食べて大きなちょうちょになっていく、カラフルな絵本です。

虫が大好きな子どもに見つかっちゃったけど、
「あおむしさんだね。 ほら、昨日ご本読んであげたでしょ、これからい~っぱい食べて、きれいなちょうちょになるんだよ。 もうバイバイしようね」
なんてお母さんに言ってもらえて、この絵本のおかげで命拾いしたあおむし、いっぱいいるんじゃないでしょうか。

画像は私がラボっ子たちに読み聞かせをするときに使う本ですが、よくぞびりびりにならないでいてくれると思うほどです。 表紙もごらんのとおりへろへろ。 幼児さんたちは、食べ物にあいた穴ぼこに指を入れたくてしかたないんですよね(^^)

画像は ラボ教育センター「ラボライブラリーシリーズ」より
SK    The Very Hungry Caterpillar  「はらぺこあおむし」

「はらぺこあおむし」公式サイトはこちらです。
http://ericcarle2017-18.com/

画家ブリューゲル「バベルの塔」展は、上野の東京都美術館で7月2日まで。

「バベルの塔」は小学高学年から中学生、高校生も好む作品です。
今から両方とも!というわけにはいかないけれど、ブリューゲルはどこかでなんとか時間をつくって見に行こうと思っています。 そのときは感想をのせますね。
こんなぎりぎりですけれど、興味のあるかたはぜひ。なんと24年ぶりの来日だそうですよ!

ブリューゲル公式サイトはこちらです。 サイトだけでも見る価値ありですよ!
http://babel2017.jp/