12/23(土) 13:30~16:30  (開場は13:00)

<集めます>
参加費200円を14(木)、21(木)に集めます。

持ち物
  1. のみもの
  2. プレゼント交換をするので、お菓子を500円程度、プレゼント用に用意お願いします
    (2才さんから大学生までで交換するので、中身はお菓子に統一することになりました)
  3. おとなのプレゼント交換用に何かよいもの
    子どもたちが交換しあっているあいだに、おとなもやろう!ということになりました。
    良いものだけど一年間使わなかったもの、頂きものなど、千円以上をめやすに持ちよって加わってください。
    去年はビールやワイン、新品のスヌードなども出たりしましていました。
  4. 「熊出没注意」Tシャツ着用
内容

英語劇発表、クリスマスのゲーム、プレゼント交換、ソングバーズ(英語の歌)など。
高校生がすすめます。
くまざわパーティ高2つちのこは司会進行を担当します。

クリスマス会が終わると、冬休み。
会のおわりには冬休みのインフォメーションをします。

 

12月7日現在のようす
■”DURSHYN,  THE NAKED PRINCE はだかのダルシン   Child of the Dur ドゥールの子”

作者:C.W.ニコル 3つのパーティの中高大生が発表します
小学館から出版されている本が原作です。

今季は、3つのパーティの中高大生が合同でやってみよう、と、6回の合同ラボを経て発表までもっていきます。
ふだんのパーティとは別の曜日に集まる必要があるし、すりあわせにも時間が必要で、いつもとは違う大変さがありました。
くまざわパーティのメンバーでは、ながぽん(大2)が大学の学園祭実行委員をしていて、
来年度幹部に立候補する選挙があるためダルシンには加わらないけれどもクリスマス会には出る、ちょっとイレギュラーです。
合同ラボへの参加がなかなかできずに発表には入りませんが、黒馬クロイナリがダルシンを助ける場面など、ながぽんが提案した表現も多く取り込まれています。

かつ(中1)はパーティで考えた提案を合同のときに提案していく役割を担いました(おっかなびっくりだったけど)。
20人以上いる高校生や大学生にむかって中学生がモノ申すというのは度胸がいります。びびっても当たり前、がんばりました。

とり(中1)は くまざわパーティがホストをしたときにアイスブレイクタイムを展開しました。
ごく簡単なゲームをさっと説明して楽しいひとときを演出する役割です。
わりと堂々としたスタートで、おっ!いいね!と思いましたが 途中ちょっと伝わりきれないところがあって。。。
ひっきー(大3)が助け船を出してあげていました。
12/7(木)の振り返りでは、
「とりと、ひっきーの話し方、伝え方の違いはどこにあったんだと思う?」と、
くま(大4)に投げかけられて、とり(中1)は考えこんでいました。
よい経験だったとおもいます。
くまざわパーティのなかだけでは醸し出せない緊張感が、特に中学生たちにはよい方向に働いているとおもいます。

合同ダルシンはあと2回を残すのみです。

 

■「おどりトラ」”The Dance Tiger” くまざわパーティ小学生クラスが発表します

おとなり韓国の物語りです。
園児さんクラスから小学生クラスに移った小学1年生も できる範囲で英語がんばります。

1トラック ちい テューター
2トラック じんるい こーと
3トラック ゆP
4トラック 秀
5トラック ひろしま
6トラック スタバ
7トラック ざびえる
(すべてニックネームです)

12月14日(木)は音楽CDでやりますよ(^^)
この日は個別もやります。
早く来られる人は、5時にはテューターが待っています。
CDのあとについてぶつぶつ練習するのはおうちでしっかりやりましょう。
練習何度聞いてもよくわからないなあココ。。。というところをテューターとやろうね