府中・分倍河原駅3分 幼児から大学生までの子ども英語教室 「不思議の国のアリス」「ピーターパン」「はらぺこあおむし」世界の絵本・物語りは英語へのファーストステップにふさわしい。子どもどうしの学びあいを大切にしています
ブログ

ラボ日記 小学生

パパも英語で発表:親の英語を子どもに見せる

パパも加わったクリスマス発表「ナルニア国物語」 ラボの英語劇の発表会では 小さい子といっしょにお母さんお父さんがいっしょに発表するのはよくあります。 「てぶくろ」では 大人がイノシシや熊といった大きな動物の役をやったり …

2018年6月 11か国25名の留学生と交流

11か国15名の学生が参加 インドネシア、スリランカ、マダガスカル、メキシコ、ペルー、UAE、 ヨルダン、アメリカ、ネパール、韓国、アゼルバイジャン 日本もいれると12か国です ラボっ子大学生を中心に実行委員会をして、 …

ラボのテーマ活動は 子どもが感じて動くもの 

ラボのテーマ活動は 子どもが感じて動くもの ラボ高学年活動発表会にて 発表会前日、さいごは役のある同士やナレーション同士で打ち合わせをして解散 ゆづぴ(小5)が挑戦した寅右衛門は ハワイから日本へと向かうジョン万たちを見 …

Halloween は小学生クラスが企画。迷走もあったけど任せるのが大切なこと。つぎに活かしていけたらそれが学び。

通してぜんぶやればやれたかもしれなかった点が反省… 園児さん”The Wolf and The Seven Little Goats” 「No, no, we wo….” 「え、なになに? Say …

Labo くろひめサマーキャンプ「楽しかったかどうか」よりも大切なこと

小学1年生、2年生、あるいは初参加ならば「楽しく参加できたかどうか」は大切なこと 1年生は楽しく参加できることがいちばんの目標です。 2回目以降の参加ラボっ子は 楽しかったかどうかがいちばんの目標では もったいない 「シ …

くろひめサマーキャンプ

京王多摩地区高学年活動━━声を張って、見せる工夫のあるプレゼン

ラボの活動単位はパーティを基本として地区がある ラボでは いろいろな活動の単位があります。 テューターが運営するパーティが最小単位 それが 20ほど集まった 地区 地区がいくつか集まった 支部 そんなふうに大きくなってい …

発表会のあとの英語の時間も最終コーナー 小学生高学年

この4月の発表、一連の流れとしての英語の時間はそろそろ終盤 英語英語とそればかりでは子どもはいやになってしまうので ふだん 「英語を見なさい」 「英語を目で追いなさい」 としつこく言うことはあまりしません。 けれども、発 …

発表会のあとの英語の時間ー小学校低学年

小学校低学年では小学校高学年がアシスタントティーチャー アシスタントティーチャーが読めない英語はテューターがフォローして、プリントに答えを書いていきます。 マルつけも自分でやって、よくがんばりました! なくさないようにラ …

発表会の後の英語の「読み」「書き」小学校高学年&発表会の打ち上げ

発表したあとが大切な英語の時間になる 全員そろってひとつのストーリーにとりくんで、英語を覚えるのは大変なこともあります。 聞き取りにくい単語があったり、長い英文があったりも。。。 でも発表のときは最高に盛り上がるし、やり …

“ソン”といったらsongのことで、「歌」のこと!━━小学生クラス

こどものうちは、英語を耳でらくらく聞ける 小学生クラスの前後や、中高大クラスの前は、学校の宿題をひろげてやる子がいて、学年が上のラボっ子がくると、のぞきあったり教えあったりしているのですが、3/23(木)も、クラスが終わ …

song
1 2 »
PAGETOP
Copyright © ラボくまざわパーティ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.