ラボわかもの2017東京

2017年2月26日(日)ラボの大学生だけの発表がありました。英語単一もあり 英日もあり、そして発表のあとそのまま合宿に突入します。今年は東京支部が名乗りをあげ、春から準備してきた、「大学生の、大学生のための、大学生による発表会そして合宿」です。

くまざわパーティの大学生では ひっきー(大2)が準備委員として参加しました。途中には留学もはさんで、大学生が合宿をして学びあうための準備、英語だけではなくアイスブレイクや分科会のテーマといったことまでを 東京支部の大学生実行委員だけで決めてきました。DMにのっていたテーマのなかでは、「テーマ活動をつくるのに時代背景に関する知識は必要かどうか」「我々が政治家なら理想の日本はこれだ!」なんておもしろそう!

こんなふうに自分たちでテーマを決めて、好きなテーマの討議に参加する。たとえ興味ないなーと思っても合宿だから、どれかには参加するでしょう。学部学科はもちろん専門学校もいるし、学年も、出身地もさまざまです。 なかなか持てない機会ですよね。 ラボの大学生はうらやましいです。

こういうホームページでくまざわパーティのことを知ってもらえたら!

ひっきーの母といっしょにわかものを見にいく約束をしたので、パンフレットに記載されている「2016わかもの in 東京 ホームページ」をのぞいてみる気になりました。 (紙媒体があればサイトを見るまでもないと考えるアナログ派です)

これがすばらしかった! ひとめで魅かれ、なんどものぞきに行きました。

ラボ大学生2016若者in東京

「いいなあ。こういうホームページでくまざわパーティのことを知ってもらえたら」くりかえし見に行くうちにそんな思いが積み重なっていきました。ご縁もあって、わかものin東京が開催されるころにはこのホームページのアウトラインができていきました。ありがとう。

ラボは「場」

得意なことを持ち寄り、あるいは苦手なことを任されて、ラボの大学生たちはそれぞれ伸びていきます。ラボはそれができる「場」です。野放図ではなく適度に大人に見守られながら、でも任されて放っておいてもらえて大学生ならではのことができる、そんな「場」です。

パーティ見学大歓迎です、くまざわパーティがひとつめの「場」になります。